スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Natural Healing Garden2

091003109.jpg

                      091003104.jpg

091003034.jpg

 ビーカーの中身はなんでしょう^^



スポンサーサイト

Natural Healing Garden1

091003020.jpg
一目ぼれした花のひとつ 2cm程の可愛い花・・・ カカリア(絵筆菊)

091003012.jpg
たかねぐんないふうろ(高嶺郡内風露)

091003032.jpg

091003061.jpg
ヒメシャジン (蛍袋はひと花だけ会えました^^)

091003021.jpg
こまくさ? の種類でしょうか

091003114.jpg
この花も一目ぼれ^^ ナンバンハコベ

091003121.jpg

微かに揺れ周りの色も淡く染めながら咲く姿
すーっと淡い緑の中で浮き立つように咲く姿
足元に小さな存在でも美しく可愛く隠れるように咲く姿
生まれたてのような 触れたくなるような葉の彩り

そんな君たちが好きだ^^

091003125.jpg
はるしゃぎく(波斯菊)でしょうか?
091003130.jpg

091003068.jpg
たいわんほととぎす(台湾杜鵑草)

091003090.jpg
エキナセア・パープル

091003099.jpg
クレオーメ(西洋風蝶草)がまだ咲いていました~♪ <花言葉> 舞姫・あなたの容姿に酔う・幸福


「ラ・カスタ」ナチュラル ヒーリング ガーデン
まだまだ、いっぱいの花が咲いてましたので、また別に載せたいと思います
山野草やハーブ色々な木々のある各テーマガーデンの和洋折衷の庭園
写真を撮りながら、ゆっくり1時間以上はお散歩出来る癒やしのガーデンでした

091003024.jpg


花の名前を調べていたら、疲れます^^;
載せた花の名前をご存知でしたら、教えて下さいね

夜にはぐっと気温も下がる安曇野の地で元気に育つなら・・・と、新ためて思った私は
その後、いつも行く総合園芸店で、ハーブの中で秋に一番美しいと言われる「セージ」の種類の中で
アメジストセージ他の苗を買い、その時誘われた「セージを育てるコツ」の講習会に出て他の種類も育てることにしました^^
今はセージに恋しています(笑
遅植えの朝顔も風船葛もゆらゆら咲いてる中、他の花たちも元気です
最近、夏の間お休みしてる姫蔓蕎麦の可愛い花も咲き出しています
また我が家のお花もupしましたら見て下さいね
そして、月初め足の指を手術したのですが(二針ほどですから、たいしたことはありません^^) 091003038.jpg
今日、抜糸して来ました~♪ やっとゆっくりバスタイムを楽しめます^^

追記
ヒメシャジンと ナンバンハコベは、オコジョさんに教えて頂きました
有難うございます(*⌒ー⌒*)

一枚目の花、カカリア(絵筆菊)は、われもこうさんに教えて頂きました
有難うございます♥

森の扉を開ければ

091003142.jpg

nagi◎さんの店内   091003151.jpg

木立の中の細い緩やかな坂道をずっとずっと登っていくと、あるのが生活雑貨の店nagi◎さん
この坂道、大好き(*⌒ー⌒*)  歩くとかなりの距離があります
対向車が来たらアウトです。若い女性の二人連れは自転車を止めて待ってくれました
窓を開けて、ごめんなさい~有難うございます。と御礼を言い 彼女達はにこやかに、いいえ^^と
旅人同士が譲り合ったり言葉を交わしたり、知らない誰かと微笑み合える何気ない時間を共有してるようないい気持ち~♪

BANANA MOONさんの扉を開ければ  091003182.jpg

091003180.jpg

091003183.jpg

成瀬政博さんの世界が広がるmuseum cafe バナナムーン
小さな私設美術館とありますが、シンプルな空間はお洒落、でも心地良くて
螺旋階段を登りロフトを思わせる小さなギャラリーは座り込みたくなりました
週間新潮の表紙絵を描かれているので、画はご存知の方も多いと思います
閉店に向かう頃、開け放たれたガラス戸に映った空と木々の色は深い色で見惚れてしまい お茶を飲みながらパチリ^^
森のおうちの扉を開ければ・・・ 宮澤賢治の銀河鉄道の世界   091003172.jpg
小林敏也さんのスクラッチ、田原田鶴子さんの油彩、遠山繁年さんのリトグラフ
それぞれの技法で描かれた世界に懐かしさも新鮮さも感じました
田原田鶴子さんのこの世界の絵葉書はあり買いましたが、撮ってないので、ご興味があればそれぞれ調べて下さいね(笑

安曇野の田で小さな草ロールも見られたり、ススキやコスモスが道沿いに揺れて、林檎もそろそろ収穫時期に向かう頃でした

許可を頂いて撮った店内他の様子は・・・

深緋・紅の睫

090930048higanbana.jpg

秋の野に咲く小さな花火ようにも
秋の陽が差し込む万華鏡のようにも
秋雨の中泣いてるように伏せた長い睫が濡れてるようにも
同じ花色は時に深緋(こひき)色にも紅色にも
感じさせてくれました

この花は名前の通り
いつも咲いてきたように
彼岸の頃に咲き始めるのですね

晩夏、秋、冬と何かしら載せてるクリスマスカラー・・・
今年の秋は彼岸花でクリスマスカラーです

090930030higanbana.jpg

初めて撮った花期の初めと終わり 二箇所ですが少しの時間だけど会えました
別名が色々ある花のひとつ、古代からの姿から言うと天蓋花が近いような気もします
韓国では、サンチョ相思華というそうですね
学名はリコリス、私は・・・白色や似た花ネリネの類の方が好きですが
蕊に雨粒の様子は麗しい(*μ_μ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。