スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

専属カメラマン

100708013sea.jpg

カモメの家族? 微笑ましく見てて飽きませんね^^ 100708004sea.jpg 100708012sea.jpg

100708022sea.jpg


100708017k-s.jpg

いい匂いに... シーちゃーんと呼んでも動かない娘、小熊みたい(*≧∀≦) 100708048shion.jpg 100727006.jpg
暑ーいよ~~の家の親子^^ 赤と緑がイカシテマス^^
夏の初めに千里浜なぎさドライブウェイへ貝を食べに行こう!! と、娘たちも一緒にドライブ
夏だけの小さなカウンターだけの浜茶屋で、旬のハマグリ、ばい貝、こちらでは万寿貝と言うのですが(白貝)
プリップリッで美味しく、波音を聴きながら最高~(*⌒ー⌒*)
娘たちと外で待ってたら、店主の方が中へ連れて入っていいですよ^^と。 娘たちは足元でいい子にしてました
御礼を言って中で頂きましたが、暑さは一緒です(笑

秋刀魚、のどぐろと旬の時期を迎えていきますが、先日もう鱈がスーパーに並んでいたので^^;煮付けましたが
何だか毎年知人から頂く気仙沼産の秋刀魚を頂く前に、この暑さの中、鱈を食べるなんて・・・変な感じです 

写真がないので、この夏、イタリアンのお店の前菜で初めて食べた、ピュアホワイト
生のまま頂きましたが甘くてスイカのような甘さでした(梨の味? と感じる人もいます^^)  

海を眺めてると飛ぶ鳥に遠くに見える船に、私をどこかに連れてって! という気持ちになります 

100708064sea.jpg
 
100625083karin.jpg

娘たちを撮ってると... 100625078shion.jpg

100625072karin.jpg 100625076karin.jpg 100613005shion.jpg 特にカリンの写真を見ると撮りやすいモデルさんと言うより
私にしか撮れない私がこの子の専属カメラマンなんだと思えます

日が暮れたからと言っても何℃も下がらない熱帯夜
アスワァルトに残った熱は取れてると言ってもムッとして 短い足の娘たちは尚更だと思うので 
散歩はいつもの2/3の距離で、排便が目的ではないので家の中で十分走り回ってる日はお休みも有のこの夏です
深夜11時12時に散歩させてる人の気持ちが理解できた夏でした。その頃になると暑さも少し和らぎますから

そろそろシャンプーして、来月に入ったらワクチン接種に行ってきます 
似たような写真を見て下さって、いつも有難うございます(*- -)(*_ _)




スポンサーサイト

黄昏空を追いかけて

1008111462ブリッジ

100719052.jpg

100719039.jpg

100811105.jpg


ある日の空を追いかけて…   100811148灯台-2

黄昏の蒼い空は、先日の台風上陸かもと言われていた前日の空
陽が翳り、煤のように流れるように悪戯するような黒い雲もありましたが
蒼い空へと変わっていったのです
見渡せば遠くに見える峰々も空のグラデーションに染まってました
この日は初心に戻ってシンプルに標準レンズで…

庭で、この暑ーい夏一番元気で涼しげな風情なのは風船カズラです
今年は東の窓にルコウソウと風船カズラ、南に風船カズラ、夕顔、朝顔、ゴーヤ(は、ひと苗) グリーンカーテンに仕立てました
立秋の日から次々と花を付け始め、楽しませてくれています
そして、窓を開けるとカリンとシオンは葉を食べて美味しそう~♪
     ・・・  娘たち   可愛いバッタにも会いました^^  100811119バッタ
 




触れ合う路地明かり

100730009.jpg

二人寄り添って歩く小路    100730012.jpg

二人で丁度の路地

すれ違う時 そっと譲り合う路地

そして、暗がり坂
               
100730040.jpg

   
                  100730024.jpg

久保市(くぼいち)さんから、大きな欅の木の横を通り、家明かりの見える石段坂を降り
人目を避けそっと愛しい人に会いに行く暗がり坂
主計町茶屋街へと続きます
この夜は、暗がり坂を登り篠笛が聴こえる方へ・・・  100730021.jpg 100730005.jpg
大きな欅の木は市の保存樹に指定されてるようです
久保市(くぼいち)さんは、正式には久保市乙剣宮神社、生家に近く泉鏡花が境内で遊んだ場所とか・・・
浅野川では一部納涼川床、酒宴で賑やかでした

暗がり坂の近くに、もうひとつ石段があり通りましたが写真はありませんが
もうひとつの坂は「あかり坂」
近年、地元からも要望があり五木寛之さんが名づけられた坂の名です
五木寛之さんは「坂を下りると明るくなる『暗がり坂』と、坂を上ると視界が開ける『あかり坂』
暗がり坂を下りて茶屋街を楽しみ、あかり坂を上って帰るというのが理想的だ」と、新聞にも書いてありました

100730043.jpg







Category: 言の葉
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。