スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

避けては通れない道

NHKのにんげんドキュントをよく見ますが
先日の放送では、「老犬 クー太18歳」が放送されました

18歳と言えば、人の年齢にすると90歳近い年齢です
最近は、大事にされ飼われている為、犬の寿命も3年は延びていると言われています
人と同じように病気の事も色々解るようになってきた昨今
今回の飼い主の方も、クー太くんに出来るだけ合わせた生活を送り
目も足も不自由になり痴呆症もある、夜も寝られないクー太くんの世話で
ゆっくり眠れない日々も過ごしてます
見ていて、犬であり猫であり他の動物や鳥でも
やっぱり家族だと、当り前の事なのに、しみじみ思ってしまいました

私もカリンを飼う時は前から飼いたかったのと、色々なタイミングとご縁があって
我が家に来たわけですが、どうしても先に年老いてしまう事、日々の事等、十分考えました

私は、気が付いた時から犬がいる生活でした
子供の時の写真には、どんな風に遊んでいたのか、憶えてもいない愛犬との
ツーショット写真が沢山あります
どの子も記念写真のような写真には、リードを持つ私の隣でキチンと座り
カメラ線で写っている愛犬たちがいます

父や祖父が犬好きでよく撮ってくれていたのだと思います
柴犬・スピッツの雑種・コリー犬・シェパード・マルチーズ
大型犬は雨の当たらない外で大きなゲージの中で飼っていたと思いますが
コリー犬やシェパードは、学校から帰って来ると外に出してやり水を換え、排便の後始末し
いつも愛犬と私は向かい合わせに座り、暫く話してました。
シェパードは頂いた先の、父の知り合いの訓練士の方の所へ数年で帰りました。
帰国されるまで、預かってた子だったようでo( _ _ )o
主のいなくなった大きなゲージを見る度に寂しくて悲しい思いをしたことを覚えてます

かわいそうだけでは、育てられません!
時には、こちらがイライラしたり疲れたり・・・当然出てくるし
避けては通れない道だけれど・・・
やっぱり見ていて辛かったし、涙が止まらなかった

いつも一緒に散歩してた海辺をクー太君がいなくなった後、一人で散歩され
いつも会っていた他所のU^ェ^U ちゃんたちに声をかけ・・・
もういないクー太君との一緒に過ごした日々を想い、暫くは辛い日々ですね

こんなシーンに直面すると
私は、13歳で結局、肺に水が溜まった事が原因で苦しそうな数日だけ過ごし
病院で息をひきとったマルチーズを抱いたまま玄関で立ち尽くしたまま泣いていた
母の姿を今も想い出します

kikyou1.jpg

周りは加工してあります
トルコ桔梗と周りの葉の一つはレモンリーフです



余談ですが・・
去年の夏、親しい知り合いの方の玄関先の花壇に
トマトが数個なっているのを見つけました
プチトマトではなく、普通のトマトです
ご本人は苗は植えていないのです
どうしたの!? 突然変異!?と、尋ねたら
多分、ジョンの生まれ変わりだと思う(数年前までいたシェルティです)
(*゜▽゜*)え???
誰にも言ってないけれど、火葬した時の灰を庭に撒いてあるの
家の花が元気に綺麗に咲いてる場所は、みんなジョンの灰を埋めた所ばかりなの
不思議だよね~
ジョンまた今年も綺麗にお花を咲かせてくれてありがとう。と手を合わせているのよ。って・・・
不思議だけど本当の話なんです


karin_hand.jpg

我が家に来て二ヶ月くらいの時の娘

Category: 日々の綴り

コメント

(*・ω・)(*-ω-)ウンウン
ホント、ただ「飼いたい」という気持ちだけでペットは飼えないね。
私もチョコを飼うか飼わないか決める時、
ちゃんとお世話をしてあげられるのか、
もし将来赤ちゃんを授かった時(今は授かっているけど)、
ちゃんと面倒を見てあげられるのかなど、色々考えました。

正直今の私はまだまだ育児にいっぱいいっぱいで、
チョコが望むようには構ってあげられていないと思う。
パパが家に帰って来てから遊んであげているの(^_^メ)
鷺草さんの日記を読んで、
どうしても二の次にしてしまいがちのチョコに対して
とっても申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。

ペットは家族。
当たり前のようで、当たり前でない状況が世界中でいっぱいあることも事実。
ペットの虐待など、ニュースで聞く度に心が痛みます。。。

わぁ~、トルコ桔梗だ~(*^。^*)
この花、結婚式の時チャペルに飾ってあった花なんだ~♡
またまた思い出した♪
何だか鷺草さんの紹介するお花、
いつも私の思いいれのあるお花ばかりで嬉しくなっちゃう(^_-)
ありがとう♡

2006/02/09 (Thu) 20:43 | パールラテ #wWh3mUXY | URL | 編集

ペットを飼うのは本当に心の準備を色々しなきゃなりませんねー。
日々の生活、病院、自分との兼ね合い、そして最期の時。
七がいなくなってから、ねこちゃんがホシイ、という子どもの願い、2の足を踏んだままです。
子どものころうちにはいろんな動物がいて(犬、ハムスター、鳥、魚、亀、蛙がいたことも)それが今の私の動物好きになっていったのだと思う。
人間以外の命と接するのは、子どもにとって本当にいいと思うんだけど。今はまだ勇気が出ません。

七の灰を春になったら庭にまいて、そこに何か木を植えようと思ってます。何がいいかなー。

トルコ桔梗は母の大好きな花で、どうも母の花というイメージが強く、私は買った事がありません。
いつかきと部屋に飾ることがあるでしょう。
その時どんなことを思うんだろう。

2006/02/10 (Fri) 07:57 | パイ~~ン #Rlo3dKM6 | URL | 編集

泣いちゃいましたi-240日記読んで・・。

私も小さなときから、動物が傍にいる生活を送っていました。動物のいない生活は考えられません。
動物は本当にたくさんのことを教えてくれる。
「別離」を含めて・・・。

長生きだから、もしかしたらこの子だけは永遠の命なのかもしれない!って思っていた子もお空に旅立っていき、「出会い」があれば「別れ」が必ずやってくることを、幼いながらも、少しずつ理解し、先に旅立っていってしまう子たちとの愛しい時間を、後悔しないように。そして、楽しく、この子たちが「楽しかった」「幸せだった」と感じてくれる時間をつくってあげたいと思うようになりました。
どんな病気になっても、どんな環境でも、「幸せにする!」という自信があるからこそ、動物と一緒に生活できるんだと思います。

でも、やっぱり別れは何度経験しても、辛いね・・・。

永遠の命はないけれど、心に残った思い出の数々・・・。私の心の中では永遠です☆


トマトのお話。不思議だね。
お花もキレイに咲かせてくれて、ずっとHappyを運んでくれてるんだね。
いいお話でした~。

2006/02/11 (Sat) 04:09 | うさぎ #- | URL | 編集
こちらこそ~*^-^*

いつもありがとうe-266

チョコちゃんの事は、今はしょうがないよーe-263
そのくらいならないと子供は育てられないし、今はまだ大変な時期だしパールちゃん自身が眠れなかったりしてストレスも溜まるだろうから・・・あんまり、自分を責めないでねe-415 まだチョコちゃんも若いしv-290
パパは流石男性だよね~その点冷静と言うか、疲れて帰っても遊んで上げてるんだd(^-^)ネ!
もう少ししたら、りっくんの一番の遊び相手になると思う^^

私なんて、幼児番組見ながら、お子様せんべい食べてる子供が五ヶ月頃、そのまま、こっくりこっくり寝ちゃう隙に横で座って狙ってた愛犬が取って行って食べてた時とか色々、つい怒ってしまったことがあって・・・後で反省したり情けなくなったりしたv-292
今なら、笑って取り上げられるんだけれど、最初の子の時は一生懸命だから、こちらも余裕なくなる時もあるし・・・

またまたでしたか~v-290
白のトルコ桔梗だd(^-^)ネ!
また想い出しちゃった!? (* ̄m ̄) ププッ
よかったわ~e-266

2006/02/12 (Sun) 01:13 | >パールちゃんへ #- | URL | 編集
木を植えるのね♪

v-349みんなv-283ちゃん飼いたがってるのね~。
(^-^*)(・・*)(^-^*)(・・*)ウンウン それも、わかる! 子供だものね~
パインちゃんはまだ飼えないでしょう1?
十年前後はみんなかかるよね~次にって気持ちになるにはv-356
ちょっと・・・こんなこと書いてまた想い出せるかな~と、ちょっと心配してました^^;
今もいっぱいいるけれど、子供の頃蛙も飼ってたの!?(°o° )
そこのお宅はね、大きくなった観葉植物も植え替えしたらしいけれど、フリージアとか毎年咲くお花なのよv-353 お花も良いかも! 毎年綺麗に立派に育ってるみたいよ~♪

(゜゜)(。。)(゜゜)(。。)ウンウン 今はね・・・無理だと思う!!
でも、いつか飾ってみよう!と、思える日が来ると思いますv-349

2006/02/12 (Sun) 01:27 | >パインちゃんへ #- | URL | 編集
ありがとう☆

うさぎちゃんもずっと動物と一緒に育ったのd(^-^)ネ!
>永遠の命はないけれど、心に残った思い出の数々・・・。私の心の中では永遠です☆
 本当にそう思いますv-22
読んでくれて、うさぎちゃん家のv-283ちゃんたち、一層愛しさ募ったかしら!? 大事な家族だものね~
泣かしちゃってごめんねe-266うさぎちゃん

年々綺麗に咲いてる、知人宅の花を見てると、その話を聞いてからは私もジョンくんを想い出して・・・そして優しい気持ちになれるのe-415

2006/02/12 (Sun) 01:38 | >うさぎちゃんへ #- | URL | 編集
ummmmm・・・・・。

病み上がりの身には、かなりこたえました。
近頃、涙腺が弱くなってきたようです・・・・・。(笑)

それにしても、今回もまた考えさせられました・・・・・。
私は今一人暮らしで、そこにたまたま今の犬≪ボス≫がいるわけですが、今回のように私に何かあると、真っ先にボスが困るわけです。しかし、ボスには飼い主を選ぶ権利はありませんでした。ですから、彼にとっては我慢しなければならないことがたくさんあります。甘えたくても、甘えられなかったり、遊びたくても遊べなかったり・・・・・。
もっと優しい飼い主のところでのんびりと、そして楽しく生活することができたかもしれないのに、こんな私のところで生きていかなければならないなんて・・・・。そう思うことがしばしばですが、これも何かの縁なのでしょう。

今日このサイトで、すばらしい文章に触れ、私もボスともっと仲良くして、彼のことを最後までしっかりと面倒みてやりたいと強く感じました。
ありがとうございました・・・・・。

2006/02/13 (Mon) 00:42 | boss_5th #- | URL | 編集
少し良くなりましたか1?=*^-^*=

少し良くなりましたか1?=*^-^*=
人も動物も同じだと思います
飼い主や親は選べないけれど、ボス君は幸せに暮らしてると思います
いつもいつも、時間的に相手をしてやれない時もあります
ずーっと一緒な訳だから、私たちにも色々な感情があるように日々によって思っていても、見落としてしまうことも
あるでしょう
でも、愛情は通じてると思いますv-353

子育てもそうですが、親だから偉いとか正しいとは限らないのと同じで時に年若い子供から教えられることもある時、
素直に感じられて
また、自分の非や過ちを認め謝ったり、話かけることが出来れば
それで日頃の気持ちは通じると思っています
ボス君は愛情感じてると思いますv-290
ありがとうボスさん! 早く元気になって下さいねe-266

2006/02/13 (Mon) 23:37 | >ボスさんへへ #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。