スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月の雫のベール

090720070.jpg

090720098.jpg

090720025.jpg

朝の贈り物  090720162.jpg

見上げれば 
葉の先に雫が煌いて

誰も見ないような足元には
夜明け前
雨が眠りにつく前に
蜘蛛の巣に魔法をかけて

草の中には
透明なティアラやペンダントを創り
そっと 置いていき

鮮やかな花びらには
またね。の 涙の跡はきらめく七色に

小さな世界はアートイベント

090720027.jpg

0907200891.jpg

090720067.jpg

似たような写真ですが・・・  090720071.jpg

残滴と夕顔

090706018.jpg

0906029012.jpg

090706013.jpg

0906029009.jpg

送り梅雨  090706010.jpg

090706006.jpg 大好きなアガパンサスの小花の蕾たちが開き始めた頃、雨に打たれて花びらも滲み
本来の色より透き通ると言うより泣いてるように滲んだような色になり、雨の滴も空の色で随分表情が違います
うるると潤ってるのか、喜んでるのか泣いてるのか・・・

一枚目は、我が家に根付いて三年目のイソトマです
壁掛けの二鉢はキッチンの窓からも見え、星の花が揺れる様は涼しげで癒やされています

200906-07garden.jpg

7/9初開花の夕顔 090709007.jpg

嬉しくてカメラを持って庭に出ましたが、風にゆらゆらと美しい・・・でも撮らせてくれない(泣 090709004.jpg
風は時に悪戯です^^ 踊るように揺れる蔓は風流ですね
清楚で美しく豪華ではなく儚く・・・夕顔の君に喩えられ、同感ですが、私の観察した感じからは
夕顔の方が逞しいと感じ、朝顔の方が、花の命は短く儚いと感じました
暮れる頃に白く咲く花と、陽を浴びて明るく咲く花のイメージの差でしょうか

純白な花の中の淡い蕊も捉えたかったけれど、ボケてしまい、私はしっかり蚊に刺されてしまい、瞼まで(笑 

梅雨が開けた所も出てきましたね  私の所は一週間先のようです
昨日今日と34℃35℃で暑ーいと言いつつ、今日は風があったのでまだ過ごしやすかったです^^
今年は合間に恵みの雨も降り、辛いと思いつつもまだ過ごしやすい梅雨かもしれません
暑いけど・・・頑張ろう^^
今日の夕暮れ外の色が染まってるのに気付き西の空を見たら~凄い夕映え(*μ_μ) 公園に出て撮りました^^
予定を変えようかと思いましたが一枚に絞れない私、雑多なブログ、またUPしたら見て下さいね^^

090709028.jpg

☆ 心あてにそれかとぞ見る白露の 光そへたる夕顔の花 ☆ 源氏物語

斜陽の中で

0906021065.jpg

0906021059.jpg

0906021058.jpg

スジグロシロチョウの恋の季節  0906021055.jpg

0906021023ajisai.jpg

山紫陽花  0906021020ajisai.jpg

歩く先々を 同じ二羽の蝶が追いかけっこ
舞う姿は白く 羽は薄紫に縁取られてるように見え
紫に染まる園で 花色に染まるように
西日に輝く花菖蒲の葉にかくれんぼ

紫陽花や花菖蒲にカメラを向けるより気になって・・・微笑ましくて・・・
彼方たちは誰? と、声をかけ
珍しい蝶でもないけれど
足元を舞い、西日に輝く葉の隙間に そっと身を置き染まって

メルヘンの世界
短い観察日記でした (*⌒ー⌒*)

山紫陽花を撮ってる時に光を発見^^わくわく撮ってましたが
思ったようにボケが出ず(泣) また撮りたい場所でした

見上げれば、可愛い子たちが染まってキラキラしてました
0906021035.jpg

雨で涼しく過ごしやすい日でした

MyPictures0906.jpg

(中の写真を変えるかもしれません^^)

夏の坂道

0906021071ajisai.jpg

0906021032ajisai.jpg

0906021048ajisai.jpg

0906021033ajisai.jpg

この坂の向こうは・・・ 0906021087ajisai.jpg

どうなってるんだろう
蛍のような灯りが見えるだけ

駆け上ってみたい気持ちと ずっとその場を動けないような気持ち
そんな想いに関係なく 黄昏が進んでいき
苔生したような深い森が広がってるのか
闇に覆われてきているだけなのか

車のドアを閉めた後

遠い ある暑い夏
この坂を下りて来たことがあった
と、想い出した

私は濃紺のスカートに白いシャツを着た学生服の少女だった

すぐ下の角の小さな商店には
そんな頃と変わらず 自販機が並んでいて
何故か嬉しかった

0906021091.jpg

暫く映像だけが続く映画のワンシーンのような坂道、抜ける道も好きな風景です
好きな坂がいくつかあり、私の住む地は坂の多い町のひとつだと思います


・・・卯辰山の麓まで真っ直ぐ伸びている 帰厚坂 (きこうざか) ・・・

花言葉は・・・移り気もありますが、萼紫陽花「謙虚」 紫陽花 「辛抱強い愛情・元気な女性」 0906021076.jpg

先日、兼六園内でも金沢城の外濠公園の散策路、白鳥路のせせらぎでも周りの明りを消してホタル観賞の夕べがあり
飛び立つ源氏蛍も含め三匹の蛍に会え、ホタルの会の方が騒ぐ幼い子を諭し、今は大切な時期だから静かに触らないでと
生態についても説明されてる様子は微笑ましく、大変だなーと感じつつ(笑)一緒に伺ってきました

            *** よい子は、外では・・・と、マナーをちゃんとお家で躾けて貰いましょうね(笑 



森の精のささやき(2)

090429003.jpg

090429096.jpg

090429098.jpg

090429033.jpg

090429008.jpg

みんな同じ・・・  090405122.jpg

と、言われたら

・・・ 何も言えなくなる

小袖包み(こそでぐるみ)

090413102sakura.jpg

090413056sakura.jpg

090413049sakura.jpg

090413085sakura.jpg

090413087sakura.jpg

090413046sakura.jpg

桜色に 衣は深く 染めて着む 花の散りなむ のちの形見に (紀有朋・古今和歌集)

こんな風に流れる枝垂れ桜は
絹の衣を纏って風に吹かれるかのような風情でした
贅沢な生活とは、ものやお金ではなく
四季のある日本の情景に身を浸し、美しいものを美しいと感じられる心、触れられる時間を持てることのような気がします
好きな歌のひとつがぴったりのように風情でした
・・・染めて着む
撮った桜を一枚の布として纏ってみたくなりました
これからの季節、麻に染めたい気分ですね
撮ったこの日も汗ばむ陽気でした^^

090413069sakura.jpg

090413026sakura2.jpg

枝垂れ桜の花言葉は「優美」 ↑明度を落としたモノクローム 090413026.jpg

可愛い八重の枝垂れ 090413007sakura.jpg

大好きな枝垂れ・・・私は簪を想います
上の枝垂れは大人の女性の簪に、八重枝垂れの色合いは少女に挿したい簪です(*μ_μ)

同じような写真・・・見て下さって有難うございます (,_,*)
八重枝垂れも先に撮った桜もまたアップしたいと思いますが、お付き合い下さいませ^^

«»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。